薄毛対策がなければお菓子を食べればいいじゃない

薄毛対策は多くありますが、その中の1つがストレスをためない事です。

 

ストレスによって抜け毛が増えてしまう事もあり、特にストレスがたまり過ぎるというのは良くないです。

 

そこで、なるべくストレスをためない事が大事ですし、ストレスがたまってきたら解消する事が大事です。

 

 

ストレス解消のためにはゆっくり休んだり、自分が好きな事をして発散するなどがあります。

 

またうまく解消してもストレスがたまる環境で生活していくとすぐにストレスがたまるのでなるべくストレスがたまらないような環境にする事も必要です。

 

 

例えば一緒にいてストレスがたまる人がいたらその人とは距離を置いたり、日々の生活で不便な事があればその不便さを解消します。

 

少しの改善でストレスはたまりにくくなります。

 

シャンプーやトリートメントで薄毛対策を

私はもとから髪の毛が細く猫っ毛でしたので、薄毛のようにみえました。

 

 

高校生になったぐらいから突然髪の毛が大量にぬけるようになりました。

 

 

元々薄くみえる髪の毛なのにさらに薄くなりました。

 

つむじあたりが一番酷く、よく友達や両親に心配されていました。

 

 

いろんなときに髪の毛は抜けていっていたのですが、特にシャンプーをしたあと、手を見ると髪の毛が束で手に絡まっていることがよくありました。

 

 

あと、クシやブラシで髪の毛をとくだけでも大量に髪の毛が抜けていました。

 

本当にすごい量の髪の毛が抜けていっていました。

 

 

 

まずは薄毛対策として、シャンプーとトリートメントを育毛効果のあるものに変えました。

 

あと、頭皮や髪の毛に刺激が少ないものを使うようにしました。

 

もともとドライヤーをしていなかった私は、知り合いにドライヤーで髪の毛を乾かさないといけない。

 

ということを聞いたのでドライヤーで髪の毛を乾かすようにしました。

 

育毛剤のスプレーを買ってきて朝と夜の二回、髪の毛全体にスプレーをかけていました。

 

そのあと、頭皮マッサージをして頭皮を緩めていました。

 

 

 

もし、少しでも抜け毛や薄毛が気になるのでしら、とにかくシャンプーやトリートメントを髪の毛や頭皮に刺激の少ないものに変えることをオススメします。

 

あとは、お風呂上がりに必ずドライヤーで髪の毛を乾かしてあげることです。

 

いろんな薄毛対策を試してもダメだったという方はもう隠すしかないと思うので、薄毛が特に酷いところに髪の毛を持ってきてヘアアレンジをして隠してあげるのがいいと思います。

 

私もよくハーフアップやクルリンパをして薄毛隠しをしています。

 

 

つむじ 薄い 対策   生え際 ハゲ 治る   頭 てっぺん 薄い 対策   髪 ボリューム 減った 男 対策   20 代 女性 薄毛 対策   ハゲ を 止める 方法   生え際 後退 対策   頭 頂部 はげ 治療   髪 ボリューム 少ない 男 対策  

更新履歴